節煙グッズ!電子タバコで素敵な出会いを!!

節煙グッズ!電子タバコ

電子タバコには、ニコチンやタールが含まれていませんから禁煙効果、節煙効果に大変有効です。
また、電子タバコは、禁煙効果だけにとどまらず、節約効果も期待できます。
電子タバコのフィルター1本でタバコ約1箱分(約300回)の吸引が可能です。
これは、一般的なタバコ1箱に比べて、約200円の節約効果があります。
電子タバコは、1日1箱タバコを吸われる方であれば、年間約7万円の節約になります。

◆電子タバコエアスモーカー◆

電子タバコエアスモーカー
◆電子タバコエアスモーカー

  1. ◆価格(税別):<[4,980] 円-

  2. ◆キャッチコピー:[リアルな煙で喫煙気分が楽しめる!気分にあわせて風味もチョイス♪]
  3. ◆キーワード:[エアスモーカー ホビー・エトセトラ 電子タバコ]
  4. ◆決済方法:[C D]

◆電子タバコエアスモーカー←もっとしょう詳細はこちらから・・・!!



◆電子タバコエアスモーカー◆の基本情報

従来の電子タバコと比べて煙の量1.5倍
カートリッジ寿命1.5倍
本体が一回り小さくなりタバコサイズとなりました。・カートリッジを差し込んで吸うと先端が赤く点灯し、本物のタバコを吸っているときと同様に煙が出ます。(カートリッジに含まれる水分を霧に変化させます。)

・USB充電式です。(本体のバッテリー部をUSB充電器に回しながら差し込みます。)

・別売の専用カートリッジ10本セットは、ノーマル風味・ミント風味・バニラ風味の3種類があります。

◆電子タバコエアスモーカー←もっとしょう詳細はこちらから・・・!!

◆電子タバコエアスモーカー◆のスペック

【商品名】
エアスモーカー(変換アダプターセット)

【メーカー】
ダイショウコーポレーション

【生産国】
 中国

【セット内容】
本体×1、USB充電器×1、カートリッジ×5本(ミント風味2本・ノーマル風味3本)、携帯ケース×1、USB変換ケーブル

【サイズ】
(約)直径0.8×全長8.7cm(カートリッジ含む)

【重さ】
本体重量 (約)10g

【全成分】
バニリン:バニラ芳香成分、2.3.5-トリメチルピラジン:ナッツ系芳香成分、メンソール、2.3.5.6-テトラメチルピラジン:着香、2-アセチルピラジン、2-アセチルピリジン、浄化水:精製水、バニラエッセンス、テルピオネール、デカン酸、2-メチルブチレート、グリセロール、プロピレングリコール

【特記事項】
別売の専用カートリッジ10本セットは、ノーマル風味・ミント風味・バニラ風味の3種類があります。

◆電子タバコエアスモーカー←もっとしょう詳細はこちらから・・・!!




◆ 電子タバコ本体 カテゴリのその他のお勧め商品!! ◆

  

そのたびにいろいろな禁煙グッズを試したのですが、まわりに喫煙する人がいると、どうしても吸いたくなって禁煙に挫折してしまったとのこと。
ところが、電子タバコのスーパーシガレットを購入し、吸いたくなったときに電子タバコで乗り越えることで、確実にたばこの喫煙本数が減ってきたそうです♪
禁煙初挑戦の人も、禁煙再挑戦の人も、まず電子タバコで節煙からスタートしてみるのがよいと思いますよ。


"メンソール味フィルター 50個がおまけ!
専用タバコケース付き(ブラック)
新軽量設計!たったの10g!
デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO DIGIMOKU【カートリッジ メンソール味50個&専用充填液1本付き 特別セット】
デジタルタバコ デジモク DIGITAL TABACCO DIGIMOKU【カートリッジ メンソール味50個&専用充填液1本付き 特別セット】



●節煙にチャレンジしている方々に大好評です。
●体に有害とされるニコチンやタールは一切含まれておりません。
●副流煙が発生せず、イヤな臭いも発生しないので、周りに迷惑をかけません。・・・

サムライスモーカー スタンダードパッケージ
 サムライスモーカー スタンダードパッケージ



あなたの健康のために「JAPAN SMOKER」!「JAPAN SMOKER」で使用しているフィルターの成分は完全日本製!!日本国食品衛生法によって許可されている添加物原料以外は一切使用していないので・・・

ジャパンスモーカー JAPAN SMOKER
ジャパンスモーカー JAPAN SMOKER




◆ 節煙グッズ!電子タバコ ◆

最近の禁煙ブームで肩身が狭い思いをしていませんか?
不景気と変わらぬ健康ブームが追い風になっているようです。
公共の場所の禁煙・施設内の禁煙・レストランの禁煙。
最近では居酒屋でも禁煙なんてところが出てきました。
食後の一服は最高なのに・・・。
そんな時に活躍するのが電子タバコです。


◆ タバコに関する情報・・・ ◆

【電子タバコ:有害性へ賛否】
アメリカ食品医薬品局(FDA)は電子タバコに発がん性物質をはじめとする毒性物質が含まれることを報告書内で示している。
また、WHOおよび米国疾病管理予防センター(CDC)は若年者の使用においてニコチン依存の増大と喫煙に向かわせるリスクを懸念していることが示されている[3]。
この問題に際して、FDA筋は(中国産食品の安全性のような)品質管理の杜撰さからか来るものだとみている。この見解に関して米国肺協会(ALA)は支持を表明しており、FDAの承認が出ない限りはそれら製品を販売すべきではないという意見を示しており、また、FDA側でもこういった安全性の懸念から2009年7月時点ですでに50件が検査中を含め出荷を足止めさせていると発表している。
この問題では発売元(の一つ?)であるSmoking Everywhere社が同4月よりFDAの出荷差し止めは越権行為だとして法廷で争う姿勢もみせるなど、注目も集める。
出典:ウィキペディア【http://ja.wikipedia.org/】